スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の病気 膀胱炎 スズ闘病記

 やっと病状が落ち着いてきたので、書いておこうかと思います。私は何かというとすぐにネットで調べるのが習慣になっているので、今回もいろいろ病気のことや療法食の食べさせ方などかなり調べて、参考にしました。もし同じような症状のネコさんをお持ちの飼い主さんがいて、調べた時に少しでも参考になればと思います。
suzu20101017.jpg
 スズ(メス13歳)が膀胱炎になったことはすでに書きましたが、ずっと闘病が続いていました。チョコとチャップも膀胱炎を経験しており、チョコは特に重傷で何度も再発しているので慣れていましたが、チョコが重傷ならスズは超重傷とでも言いましょうか、、、、
 通常膀胱炎は2週間ほどで治るらしいですが、スズの場合一ヶ月半かかりました。詳しい日付と症状、処置は長くなるので読みたい方だけ 続き を開いてくださいね。
 膀胱癌かもしれないと言われた時はへこみましたが、結果は大丈夫でホッとしたのもつかの間、全く食べない日が続きどんどん元気もなくなり、痩せていった時はまた相当へこみました。発症した時4.6キロあった体重も3.6キロまで減りました(今は少しずつ増えてきています)。
 途中何度も病院を変えた方がいいのでは?と家族で議論しましたが、通い慣れている近所の病院は自転車でもほんの2、3分のところ。猫専門の病院は車で15分ほど。悩みました。いつもの病院での検査や処置も、調べた限りでは間違ったことはしていない、病院を変えても同じ検査の繰り返しだと思い、通い続けました。
 1週間前に退院して、今のところ再発はしていない様子ですが、再発の可能性は高いです。再発したらスズの場合は3日間集中して点滴治療するのが一番いいような気がします、ただ入院はイヤそうなので朝預けて夕方引き取りに行くというのがベストだと思いました。これからも注意して見守っていきます。

 療法食の種類についてなど、近日中にもう少し書き足す予定です。
 10月4日  最初の発症。トイレに入ったり出たりを繰り返す。排尿の姿勢をとってもほとんど出ていない。膀胱炎じゃないかなと思い、病院へ直行。オシッコ検査でやはり膀胱炎と診断される。3日間注射に通い、その後2週間お薬を飲ませることに。食事は療法食s/dの缶詰とドライを渡されるが缶詰は食べない、ドライをしぶしぶ少し食べるだけ。
    5日
    6日  注射3日間終了。
    9日  オシッコ検査。phも血尿もいくらか良くなって快方に向かっているようだと言われる。
    16日 オシッコ検査。phは正常に。血尿が前回よりひどくなっている。薬を変えてもう1週間。これでもよくならなければ膀胱癌かもしれないと言われてショックを受ける。
    18日 s/dドライを全く食べなくなってしまった。
    19日 全く食べない。水のみ。
    20日 病院へ相談に行くと、phコントロールをあげていいというのであげてみたらよく食べる。
    21日 薬の後吐くようになる。
    22日
    23日 2日間薬をあげない、吐くので。
    24日 オシッコ検査。前回と同じでphは大丈夫だけど、血尿が出ている。癌の検査(オシッコでできる)を出してもらう。結果は一週間後。この一週間は癌だったらどうしようとかなり不安でした。よせばいいのにネットで調べちゃったりして、詳しく知れば知るほど落ち込む、、、
    25日 phコントロールをよく食べている。ちょっと食べ過ぎじゃないか?と心配になるほど。
    27日 薬の後やはり吐く。ほとんど100%吐く。
    31日 オシッコ検査。癌の結果は大丈夫だった、安心。といってもひどい膀胱炎なので完治には時間かかりそう。膀胱炎が慢性化すると癌に移行する可能性が高いらしい。次は細菌の培養検査でどんな菌がいるか調べて、その菌に有効な抗生剤を投与する。検査の結果待ち。薬はやめて様子を見る。
 11月2日  ずっとよく食べていたphコントロール、食べなくなってきた。元気もないように見える。
    3日  夜中に少し食べたっきり、食べない。元気ない、様子がおかしい。
    4日  最初の発症から1ヶ月。今日も元気がなく日中寝たきり。午後またトイレに入ったり出たりの状態、逆戻りか、、、すぐに病院へ。細菌検査の結果が出ていたので有効な抗生剤がわかったとのこと(ミノマイシン)、注射にまた3日間通う。夜から食欲も出てきて食べだす。
    5日
    6日  3日間注射終了。元気も出てきて食欲もあり。しかし薬が問題、また吐くかもしれない。今回は吐き気止めの薬も処方される。
    7日  薬はなんとか吐かないでいるが、食欲がまたパッタリなくなりほとんど食べない状態。どうなってるのか、、、途方に暮れる。
    8日  全く飲まず食わずの状態、元気もなく寝たきり。
    9日  病院へ電話して状況を話す、つれて来てくださいと言われすぐに連れて行く。熱を測ると39.5度もあり、入院して点滴することに。通院でも可能だったが行き帰りのストレスが大きいと言うので3日間入院に。
    10日 午前中面会に。小さなケージに入れられてニャーニャーとないてかわいそう、、、熱は下がったそう。
    11日 夕方退院。まだ少し血尿が出ているけど家に帰ってのんびりすればよくなるでしょう、再発の可能性もあるけど、とのこと。入院した時よりは元気そうだが、全く食べる気配なし。
    12日 日中少しベランダに出たりしていくらか元気のように見えるけど、とにかく食べないし水もほとんど飲まない。またしても途方に暮れる。
    13日 全く食べない。前回のように具合が悪くて食べられないというのではなさそう。療法食がいやでハンストしている感じがする。
    14日 病院へ。水分や栄養の注射、ミノマイシンに加えて足の静脈に脳の食欲中枢を刺激して食べたい気持ちにさせるという注射を打ってもらう。家に帰ってからその効果か少しずつ何回か食べる。
    15日 日中は食べなかったが夜から少量だが食べる。
    16日 他のメーカーの療法食を買って食べさせてもいいか病院に聞きに行く。お許しが出たので早速2種類注文。phコントロールを少しずつ食べてはいる。
    17日 注文した2種が早速届いたのであげてみるが、、、食べない。逆にphコントロールをよく食べるように、、、2種と一緒にお皿に入れておくと少しは他のも食べる。結局phコントロールが一番いいのか、、、
    18日 ハンストも終息。というか入院による精神的なショックがやっと薄らいできて落ち着いてきたのかもしれない。このまま食べてくれるといいけど。


    FC2 Blog Rankingポチっとお願いします一日一回有効

オークション出品リストはコチラ
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

非公開コメント

プロフィール

ナツコ

  • Author:ナツコ
  • ネコ3匹とのほほん生活。
    趣味 手作り、ガーデニング、ネコ観察
アクセスカウンター 2010.10.14~
最近の記事
コメントさんきゅ
月別アーカイブ
最近のトラックバック
さすらいペット

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。