スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽だまり

 もう1週間たってしまいました。
 昨日は日中は意識しなかったけど、夜になってふと気づくと、ああ1週間か、、、、と。1週間前の今ごろ、スズはまだ苦しい呼吸ながらも生きていたんだなあ、、、、あと何時間かするとあの恐ろしい瞬間の時間になるのだなあ、と思ったら、苦しくて苦しくて。
 そんなこと、考えたってしょうがないとはわかっているけど。
 
 でも、また苦しむ姿を見ることは、もうないんだからと自分に言い聞かせて、それからは時間を見ないようにして眠りました。

 

 骨壷を入れる、この定番の袋?みたいの。ちょっと嫌なんだよね~。
 ちょうどすっぽり入るような布箱を作ろうかなと思うけど、ずっと持っているか庭に埋めるか、まだ決めていないので、しばらくはこのままにしておくか。
 何年も前に羊毛にはまっていた頃作ったスズを一緒に置いてます。チョコとチャップも隣に。

 午前中の少しの時間だけ、私のベッドの上にほんの小さな陽だまりができます。
 スズはベッド上のいろんな場所で寝ていたけど、冬のあいだ、その小さな陽だまりを気に入って、わざわざ他の場所で寝ていても、そこに移動してひなたぼっこ気分を味わっていました。
 午前中にその陽だまりを見るだけで、じんわりです、、、、

suzuYou.jpg
 兄がスズの偲んで描いたイラスト、、、、
 子供の頃から絵心があって賞なんかもたくさんもらっている兄なので、うまいです。
 早い段階で、延命治療は反対、と言っていた兄。スズは私の部屋にいるので、あまり接触もなかったけど、雨の日や寒すぎる日、病院へ車で行ってくれました。
 私のようにベタベタかわいがったりはしないけど、兄は兄なりに、猫たちをかわいがっているんだなと思いました。

 スズはハンターだったので、鳥なんかをよく捕ってきたものです。魚も、裏の水路があふれて打ち上げられたのをもぎゅもぎゅ食べてたり、、、、
 思い出したくないけど、一度リスをくわえてきたことが、、、、、リスなんているような場所じゃないのに、どこで見つけてきたんだか。どこかのおうちのペットだったら、と思うと、、、、、

 追記は虹の橋について。
 小説でもドラマでも、動物の亡くなるシーンや飼い主の悲しい気持ちを読んだり見たりするのが、とにかく苦手です。特にスズが慢性腎不全になって、スズの死が身近になってからは、ちょっと読んだだけで涙、、、、
 さらにブログなんかでにのっている実体験、実際の悲しみなんかは、もう涙どころじゃない、嗚咽です、、、、

 そんな私がここのところずっと悲しみをつづっていて、読みたくない人には申し訳ないなと思います。ごめんなさい。
 
 スズが旅立ってからは逆に、ペットロス掲示板や同じく腎不全で猫を見送った人のブログなんかをたくさん読んでます(もちろん泣きながら)。
 
 掲示板て、ほんとにいろんな人が読んで書き込んでいるので、びっくりするくらいひどい発言があったりして、嫌な気持ちにもなりますが、そういう人は動物と心を通わせたことのない、寂しくて、かわいそうな人だなと思います。

 虹の橋、についても信じる人、信じない人、馬鹿にする人、あざけり笑う人、様々です。

 信じているからといって、他人に迷惑がかかるわけでもなし、信じて救われるならそれでいいと思います。虹の橋は信じる人にはあって、信じない人にはない場所なんだと思います。
 信じて心穏やかに生きていくことができて、やがて死ぬ時にも、楽しみなことが待っていると思って死ねるなら、こんないいことってない。

 私は若い頃に少し霊体験のようなものがあるので、魂の存在は感じています。お話の通りの虹の橋や天国というものがないとしても、魂だけの存在になったら、会いたかった人や動物たちの魂と再会できるかもしれないと思います。

 こんなこと書いて、、、、ちょっとあぶない人と思われちゃうかな、、、、
スポンサーサイト

テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

非公開コメント

プロフィール

ナツコ

  • Author:ナツコ
  • ネコ3匹とのほほん生活。
    趣味 手作り、ガーデニング、ネコ観察
アクセスカウンター 2010.10.14~
最近の記事
コメントさんきゅ
月別アーカイブ
最近のトラックバック
さすらいペット

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。